薬物乱用頭痛って知ってる?どんな点に注意したらいいの?【体験したこと】

病気のこと

「薬物乱用頭痛」と聞くと、とても特別な響きに聞こえて、自分とは関係がないと思ってしまうことがありますね。ですが市販の鎮痛剤が気軽に手に入るようになった今、比較的増えているのも現状です。

今回は自分の経験をもとに薬物乱用頭痛の注意点などについてお伝えします。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

薬物乱用頭痛とは

頭痛には、様々なものがあるのですが、その中で比較的薬物乱用頭痛を引き起こしやすいのが、「片頭痛」で、片頭痛の場合はどうしても薬に頼らなくてはならないことが多いです。そのため薬を飲む回数も増え、それによってさらに頭痛がひどくなってしまいます。

国際頭痛学会の定義としては、

* 単一成分の鎮痛薬は月に15日以上服用が3か月
* その他の頭痛薬は10日以上の使用が3か月
となっています。その他の頭痛薬が10日以上となっているのは、市販の鎮痛剤にはさまざまな成分が含まれているためです。
スポンサーリンク

薬物乱用頭痛は、自分ではわからない

私は、頭痛の他に、生理痛の改善として市販の鎮痛剤を服用していました。頭痛がいつ起きても良いように常に持ち歩いているスタイルで、あっという間に薬が終わってしまったこともあります。
1日に3回と決められていても、生理痛の時などは1日に4回は飲んでしまうことも。
こういったことを繰り返していたら、頭痛が頻繁になり、いつもと違う片頭痛の前兆が起きてしまったので、ここで初めて脳神経外科を受診しています。
脳神経外科で検査をし、脳に異常がないことを確認してから問診を行いました。
問診では、
・ どのくらいの量の薬を服用しているか
・ どういった時に頭痛が起こるのか
・ 食生活や生活はどういったものか
・ 家族に頭痛を持っている人がいるのか
…などを聞かれました。そして、片頭痛から薬物乱用頭痛を引き起こしている可能性が高い、と言われました。
薬物乱用頭痛が起こると、薬を飲んでも効かないことが増えてきます。そして、頭痛が起こる前に飲まないと、という気持ちになり、服用してしまいます
こういった行為が頭痛をより治りにくくしていますが、なかなか自分では気が付くことはできません。
いつもより薬の量が増えてかな、と感じたら脳神経外科や内科を受診する必要があります。
スポンサーリンク

薬物乱用頭痛を改善していくには

脳神経外科では、まず市販の鎮痛剤をやめるように言われました

やめることで起こる可能性として、

・ 吐き気や嘔吐を感じる
・ さらにひどい頭痛が起こることがある(離脱時の頭痛)
・ こういった症状は1週間程度出ることがある
と説明を受けました。
いきなり鎮痛剤をやめるのは困難です。そのため、本当に痛い時用に、ロキソプロフェンを処方してもらいました。

内科でさらに具体的に頭痛の治療を開始した

脳神経外科は自宅より遠いところにあったので、近くの内科に転院しました。そこで、先生と相談をし、薬物乱用頭痛から上手に離脱していく方法として片頭痛の予防薬の投与が始まりました。
薬物乱用頭痛の治療の原則
① 原因となっている薬を中止する
② 原因となっている薬の中止後に起こる頭痛に対する治療を行う
③ 予防薬を投与する
内科においても市販の鎮痛剤をやめるように言われました。薬の主成分がいろいろと入っていたり、無水カフェインが含まれていたりするからです。
内科を受診するようになってからは、市販の鎮痛剤は服用していません。

薬物乱用頭痛は改善されてきた

脳神経外科で言われたように、最初の1週間は「鎮痛剤が飲めない」という不安もあって、頭痛が頻繁に起きている状態でした。でも、鎮痛剤に手を出さないように、もったいなかったんですけれど家にあったものは全部廃棄してしまいました。

どうしても我慢できないときはロキソプロフェンを服用して、後は、コーヒーを飲んだり、ツボを押したりして、生活も乱れないように気を付けていました。

だいたい1週間を過ぎてくると、頭が痛い、と意識する時間が少なくなって来たように思います。

私が現在処方されている頭痛に関する薬は、片頭痛専用の薬、ロキソプロフェン、予防薬の3つです。予防薬を服用してからもう1年以上たちますが、片頭痛の頻度も落ち着いてきて、片頭痛専用の薬を服用するのは月に1回あるかないかです。だいたいはロキソプロフェンを1回飲むだけで頭痛は治まってきています。

スポンサーリンク

頭痛の意識を高めるには

ドラッグストアなどで、簡単に薬が手に入る時代です。痛い時はすぐに対処できるメリットもありますが、自己判断で使用してしまうことも多いです。そのため症状が長引いてしまうことも。

そういったことを防ぐには、やはり頭痛に関しての意識を高める必要があります。頭痛ダイアリーを利用して、自分の頭痛はどのタイミングで起きているのか確認をしておきましょう。

沢井製薬OnLineこちらにも頭痛ダイアリーが掲載されています。書き方も書かれているのでわかりやすいと思います。

頭痛ダイアリーを受診する際に持参すると、より治療が具体的になりますよ。